2013/08/01

クッキー型の自作●3種 完成!

クッキー型の自作、再びです。


先日も投稿した、肉球の型。


早速ぽん太氏に試作して頂きました!
うーん、カワイイです。さすが☆
ここに半透明のジャムを流し込む予定…なのですが!


懸念していた、「抜きにくさ」がやはり問題になりました。
特に赤丸のところが狭く、切れやすいとのご指摘があり、
大きさや間隔を再調整し、制作しなおしました。

それがこちら。


指の肉球部分を、一回り小さくしてみたところ、
かなり抜きやすくなりました!
が、下絵にあまり忠実でなくなってしまったので、
もう1度作り直してみようと思ってます。
だいぶ慣れてきたので、次で完成するはず…!
(ぽん太よ、ペースが遅くて申し訳ない…)




さて、肉球とは別に、
ぽん太氏が、「オリジナルのクッキー型が欲しい!」と仰ってたので、
これを機に、頂いた下絵データを元に作ってみました。


まず、コウモリのクッキー型。

左右対称なのが意外と難しい!
首をかしげたような形になってしまい…ちょっと直したのですが、どうだろうか…
思ったより直ってない気もするので、これも作り直しかな(笑)

抜くときに爪楊枝で、雑に押し出してるものだから、
その跡が残ってますw
一体 クッキー職人はどうやって、型から抜いているんだろうか…(謎)


(ちなみに、大小の大きさをご要望でしたが、
写真は大きいバージョンのみです)






そしてもう一つは、ネコの顔型。

こちらは1発OK頂きました。
自分でも、なかなかキレイにできたかな?と思ってますv
(こちらも大小2パターン作りました)

この型、アゴのところに板のつなぎ目があり、
この処理には、結構悪戦苦闘しております。
というのも、
出来る事なら、極力 接着剤を使わないでクッキー型をつくりたいと思っていたので、
そうなるとどうしても、つなぎ目がピッタリと合いません。
なので、このネコの様にアゴの部分がちょっとギザッとした感じになってしまいます。

↑図のように、重ねるのとギリギリでも仕上がりが異なります。
このつなぎ目の処理についても何通りか試しましたが、
現時点での結論は…!
折り返しで固定する方法です。(以外と普通)

折り返しを付けた方が、クッキーをカットする側なのですが、
ぴったりくっついてるので、意外とキレイに仕上がります!
ほらね☆
アゴにちょっと跡が残ってますが、先ほどの型よりキレイにできてます。
接着剤 不使用で、ここまでキレイにぴったり合わせられるなら、
上出来じゃないでしょうか…!


この作り方なら、
食べられるクッキーを作るときにも、
接着剤がクッキー生地に接しないので、安心です。



ぽん太氏がこれから、
どんな形のグッズを計画されてるのか、
実は私もまだ聞いておりません~
私もファンの一人として、楽しみに待ってます~!

ぽん太氏のブログはこちら↓
【NIGHT GROW】




追伸:
実はちゃんと、AQUAVICUSの方のシリコン型も完成しましたよ フヒヒヒw
次回はいよいよ、こちらの型を使った記事になると思います!
どうぞお楽しみに~!



応援クリック ヨロシクお願いします~!


0 件のコメント:

コメントを投稿