2013/11/17

水槽写真って難しいヨォー!

実は先日、
近所のアクアリウムショップに、事前にお願いして、
魚の写真撮影をさせて頂きました。



対応して下さった支店長さんは、
大変ご丁寧&ご親切な方で、
手芸作家をしてます、というお話をしましたら、
色々とアドバイスなどを下さいました!

やっぱり、
実際にアクアリウムを経営されている方のご意見は、
何というか、リアリティというか、重みがあるというか、
非常に的確・具体的で、
実は私が目指している方向性と同じことを仰っていたので、
そういう意味での自信(確信、と言った方が正確ですね)が湧き、
同時に、
AQUAVICUSは今後一層、
作品のクオリティ、及びお客様への信頼に対して、
真剣・真摯に制作に取り組むべきと再認識している次第です。



…と、言いますのも…
今回、2,3時間もお時間を頂いておきながら、
いいクオリティの写真があまり撮れず、
しばらく落ち込んで、猛省したところでございます…
orz

常々申し上げておりますが、
恥ずかしい失敗も、ブログにUPしてこそ、
己への「ログ」であり、
同士達への「共有情報」であると思ってますので、
恥を忍んで、写真の一部をUPさせて頂きます!






















要点を申し上げると、
① ISO感度が高すぎ→せめてAUTOにしとけばよかった…
② 金魚は雑に撮った割に、キレイに撮れたかな…
③ ビーシュリンプが思いのほかキレイに撮れた。(正直ムリかもと思ってた)
④ PL板が効く時と効かない時があるのは何でだろ→いずれちゃんと勉強します…

①…
Sモードで撮影する気だったのですが、WB設定が上手くいかなかったので、
慣れてるPモードで撮影したのが、まず問題。
しかも、ISO感度を高く設定してたのですが、
「シャッターが早く切れるから、キレイに撮れるんじゃないかな?」
という赤面ものの勘違いをしてたので、
結局 ほとんどの写真は画質荒目でした。

②…
金魚を撮影したのは終盤で、ISO感度をAUTOにしてたらしく、
そのため比較的画質はキレイ。
おまけに人懐っこいので、水槽手前に来てくれるのもヨカッタナァ。

③…
マクロレンズ代わりに、虫眼鏡を用意して撮影に挑みました。
虫眼鏡の効果はそこそこでしたが、
足やヒゲまで撮れてるので、
これだけは思ったより上手くいったと自負してます。
(まぁ、満足はしてませんが…)

④…
水槽のフロント部分に、背景がうつってしまうのは、
黒い布などで背景を隠せばいいのですが、
営業中のお店で、そんな迷惑極まりない事はできません!!
一応黒い布は持って行きましたが、
カメラの周りをちょっと覆うくらいが限度なので、
ある程度、光が反射してしまいます。
(アロワナ写真なんかは顕著にそれが出てますね)
PL板も持ってるので折々使うのですが、
効く時と効かない時があるんですよね~
完全に勉強不足なので、きちんと調べたいなぁ。



まぁ、Photoshop歴が長いので、
補正は割とできる方ですが、
最初からよい写真が撮れるに越したことはありません。

来年2014年は、
デジタルコンテンツも活動を活発化させたいと考えてるので、
これを機に 撮影も勉強しなおしたいと思います~!



末尾になってしまいましたが、
今回ご協力下さいました、
アクアリウムショップの支店長さんをはじめ、スタッフの方々、
ご迷惑をおかけしてしまった、ご来店のお客様方、
誠にありがとうございました!

特に支店長さん…
またぜひ撮影を再チャレンジさせてください!!
近い内 客として水槽買いに行きます!(笑)

応援クリック ヨロシクお願いします~!

2 件のコメント:

  1. ペロティー2013年11月18日 1:15

    キレイじゃないですか~♪
    (・-・*)ヌフフ♪楽しみなのだ!

    返信削除
    返信
    1. >>ペロティーさん
      ありがとうございます~(´;ω;`)
      いやぁ、でももっとキレイな写真を知っているだけに、
      自分の未熟さを痛感してます。
      まぁ何事も「初めて」は失敗が付きものですから、
      まず第一歩に踏み込めた、というのは良かったなぁと思ってます~♪

      あ、ご協力頂いた写真がキレイで本当に助かりました!
      (もはや共作ですね!)
      詳しくはまた後でメールさせて頂きます~v

      削除