2014/01/27

久々! 消しゴムハンコのオーダー(チワワ)

いつもごひいき下さってる方から、
消しゴムハンコのオーダーを頂きました!

モチーフは、
その方が飼ってらっしゃる、4匹のチワワたちです。

諸々お任せ頂き、最終的には、
3㎝×3㎝の大きさで、
1匹ずつお名前入りでお作りする事になりました。

幸いお客様が、たくさんお写真を送って下さいまして、
「この子はこんな子で…」とこの上なく
ご丁寧に情報をご提供下さったおかげで、
外見・内面の特徴をとらえることができました。


↓↓完成品はこちら↓↓
持ち手がツヤツヤに仕上がりましたよ~♪



▼図案作成
意外に思われるかもしれませんが、
消しゴムハンコのなかで、一番時間が掛かる(気を使う)のは、
この図案作成部分です。
ある程度彫れるようになると、
割と細かい図案でも、意外に時間かからず彫れるようになります。




ver.1…写真をベースにトレースしてみたもの。100%トレースではないのですが、これだけでは不思議と似ていない。

ver.2…ver.1を、私のイメージで調整したもの。だいぶ似てきます。

ver.3…お客様がデフォルメっぽい物をご希望だったので、もう少しデフォルメしたものと、イラスト風にしたものを2案ご用意。この時点ではだいぶ、それぞれの特徴をとらえた(と自分では思っている)段階なので、イラストでも個性を表現することができました。

ver.4…完成版。最終的にこの図案で、彫りました。




▼彫り作業
今回は鉛筆転写で行いました。
転写しゃえきちんとできれば、
音楽聞きながらふふ~ん♪という感じでさくさく彫れます。




▼持ち手加工


今回は、私も初の試みとして、
OHPシートに図案を印刷し、それを貼り付けて、
木の持ち手にUVレジンを塗ってみました。

これの何がいいって、水洗いができることです。

ニスを塗ればいいんでしょうけれど、
レジンの方が、耐水性は上ですし、
ニスだと、よくも悪くも、素材の質感が残ります。
また数分で硬化するので、時間がなくてニスが乾かないという心配もありませんね。
(ただし、材料費が高くつく)

今後はどうするか、まだ迷ってますが、
これはなかなか気に入りました(´ω`*)





▼箱づくり

いっつもブログでボヤいてますが、
私は包装が大の苦手です…(´д`;)


色々調べて、何個か作ってみた結果、
結局マッチ箱構造が、一番安定してキレイに作れそうなので、
これを採用しました。

箱の底には、オーブンシートを巻いた底紙をひいてあります。
消しゴムハンコを保存する時に「紙」をオススメしてる方もいらっしゃいますが、
もっといいのは、オーブンシートです。絶対くっつきません\(`・ω・´)




ハンコをおさめたところ。うーん、ピッタリサイズ☆
箱の色や装飾も迷ったのですが、
主役はハンコかな~と思って、ちょっと地味目にしてみました。
側面にレースを付けたので、
部屋に置いても、なんとなーくなじむ感じにしてみました。

まぁ、この箱はオマケなので、
お客様の方で収納場所が決まっていれば、
処分も燃えるごみで済むので楽ちんですv


▼発送
今回はレターパック500を利用したので、保障は付いていますが、
無事、お客様に届くかはいつもドキドキします。

よかったよかったv


今回はお客様のお誕生日用にと、オーダー下さいました~♪
(。TωT)/゚・:*【祝】*:・゚\(TωT。)
記念すべき日のグッズに、お選びくださって誠に光栄です!
ありがとうございました!



追記:
お手紙に描いた青い魚が、
本当に「アクアリウム作家」なのかを疑うレベルの出来で、
我ながらじわじわくる(゚ω゚;)

応援クリック ヨロシクお願いします~!

0 件のコメント:

コメントを投稿