2013/05/23

スマトラ+エンゼルフィッシュ7種 拡大写真でご紹介!

では前回に続き、
スマトラと、エンゼルフィッシュを7種、
ご紹介したいと思います!



エンゼルフィッシュ
通称「並エンゼル」の通り、エンゼルフィッシュのポピュラー種です。
たぶん、スカラレエンゼル、と呼ばれている…と思います。
(勉強不足ですみません)

ちょっと発色が良すぎて、
若干、アルタムエンゼルっぽくなってしまった感がありますが、
まぁそれはそれで…………ステキじゃない?(滝汗)

この間、水槽を作ろう!的な本を読んでたら、
「エンゼルフィッシュとネオンテトラを混泳させる」水槽がありまして、
大変な衝撃を受けた記憶があります。
(エンゼルフィッシュはネオンテトラを食べちゃうのです)
あえて広めの水槽で数を管理し、混泳させることで、
ネオンテトラがハッキリ群遊するので、
とても美しいとの事(写真つきでした。確かにイイ感じでした)。

アクアリウムの奥深さを感じた瞬間であります。



ブラックエンゼル
この写真だと解りづらいですが、
緑のラメフレークがまぶしてあるので、
揺れるとそれなりにギラギラします。

黒い魚って、私実はけっこう好きなんです。
水草水槽に、黒ベタとか飼ってみたいなーなんて思ってます。
渋いと思われるかもしれませんが、
水槽の中では、黒って意外と存在感のある色ですよ~

ブラックエンゼルは、大人になっていくにつれ、
目が赤くなります。
これは大人なりかけ、くらいかなw



プラチナエンゼル
私は実物を見たことがありませんが、
複数資料を見る限り、とても真っ白で美しいですね~
ここまで、ではないにしろ、
うっすらとブルーのラインがあり、
状態がいいと、どんどん青みを増すそうです。

一緒に合わせるビーズも、
黒(ジェットAB)ではなく、クリアオーロラにしました。
やっぱり、ここまで白ければ、ジェットABじゃないな…!
と思ってわざわざ買いに行きましたともw



トリカラーエンゼル
別称「コイ(鯉)エンゼル」の通り、
色が鯉のような組み合わせのエンゼルフィッシュ。
正式には「ギアニンズコイエンゼル」…なのかな?
(すみません勉強不足で…)


▼▼▼ちょっと専門的な話▼▼▼
意外というか、面白い事に、
以上に挙げました4種類のエンゼルフィッシュの内、
並エンゼル以外の3種類は、全て学名が同じなのです。
(並エンゼルの学名:Pterophyllum scalare)
(他3種の学名:Pterophyllum scalare var.)

まず学名は全てラテン語なのですが、
var.は、varietasの意味で、ドットは単語の略を意味します。
varietasは変種の意味なので、
「Pterophyllum scalare」の変種、という意味になります。

つまり以上の3種は、全て「並エンゼルの変種」ということ。


初めてアクアリウムを勉強し始めたころ、
「なんでこんなに複雑な名前なんだ!!
 しかも科とか属とか、覚えることが多すぎるんだよ!!!」
とブチ切れそうになりましたが、(今でも割とそう)
こういう事が解ってくると、
どの魚とどの魚が混泳できるのか(相性がいいのか)、
あるいは難易度、好みの水質の傾向、などなど、
ある程度解ってくるようになるので、意外と便利なのであります。

これが面白い、と思えるようになるかどうかは、
一つの分かれ道かもしれませんね。

私が最初に覚えた魚の名前は、
「ミクロラスボラ sp. ブルーネオン」
ですが、どこで区切るのかすらわかりませんでしたからね。
(ミクロラ・スボラ? SP?みたいな)
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
さてさて本題へ…(笑)




スマトラ
熱帯魚コイ科の代表種ともいえる品種。
スマトラはとても丈夫で飼いやすいといわれていますが、
他のヒレが目立つような魚などに対して、
頻繁につついたりする癖の悪い魚、と言われてます。

▼▼▼ちょっと専門的な話2▼▼▼
実はこの後に続く2種も、
このスマトラ(学名:Puntius tetrazona)の変種で、
どちらも、(学名:Puntius tetrazona var.)なんですよ!
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲



グリーンスマトラ
今回のデザフェスでは、とても人気があった品種です。
有り得なさそうな色ですが、これが意外に、こんな感じです。
(もっとメタリックな感じかもしれません)
初心者にもオススメで、
丈夫な魚というと、
割と地味な品種や、定番を勧められたりすると思うのですが、
もし他の魚と混泳させない、ということなら、
グリーンスマトラはイチオシ品種ではないかと思ってます。

私も割とミーハーなので、
やっぱりメタリックな色に惹かれます☆



アルビノスマトラ
アルビノは普通、黒い色素が抜けるのが特徴なので、
瞳孔が赤く見えるのがほとんどですが、
こと スマトラに限っては、目が黒のままなのです。
個人的には、あの赤の瞳孔があまり好きではないのですが、
アルビノスマトラは別ですね。とても女性的で可愛らしい!

元々ある黒の縦ライン、うっすらと名残が残っているのですが、
その雰囲気が表現できて、けっこうお気に入りの作品です。

プラチナエンゼル同様、この品種に使ったビーズも、
クリアオーロラでしたw
なので、とても女の子らしい雰囲気のグッズになりました。






以上、スマトラ&エンゼルフィッシュ7品種でした。

今回のデザフェスに持って行った魚は、
他何種かいましたが、数が少なかったので割愛させて頂きます。
でもどれも好きな魚だったので、
近い内に再挑戦し、ご紹介できればと思っておりますので、
まだ お気に入りの魚が登場してない!という方も、
末永く見守って頂ければと思います!

応援クリック ヨロシクお願いします~!





0 件のコメント:

コメントを投稿