2013/03/03

熱帯魚 プラバン


ネオンテトラがうまく作れない…

そこで、少し浮気して、
海水魚にも手を出しました。


ニセフウライチョウチョウウオ
縦縞模様はにじんでしまいました。
でも対処方法がわかったので、次はキレイにできるはず。

実際はここまでハッキリとした黒い縦縞ではなさそう。
やっぱり思ったとおり、白・黒・黄色の魚はキレイにできますね。


イヤースポットエンゼル(幼魚?)
通称クリスルスというそうです。
尻尾が黄色いものもあるそうなので、
これはおそらく幼魚にあたるのかな。
メタリック具合がキレイで、カッコイイ仕上がりにできましたv
目の感じが、顔文字の「やる夫」っぽくなってしまったかなぁ(汗)


色々
緑色が、ミクロラスボラ・ブルーネオン(のつもり)。
中央のオレンジに黒ライン1本が、ラスボラ・エスペイ。

ブルーネオンは、全然だめだ……発色はすごくキレイですが、それだけ。

エスペイは……まぁまぁ?
元々特徴のある模様だから、それに助けられた感があります。


やっぱり、ラスボラやカラシン系は、
背中とおなか、それらの鱗具合、鰭条(きじょう。ヒレの筋)の感じを整えないと、
あの可愛さを表現できない気がする。
特に上記のような、ミクロラスボラ・ブルーネオンのように、
シンプルな模様だったりすると、なおさら。

タトゥーシールやOHPなど利用する必要性も感じる今日この頃であります…



どうぞクリックの程 ヨロシクお願いします~!

0 件のコメント:

コメントを投稿