2012/10/16

ジャム瓶のラベル

管理人Oです。
今日はめずらしく女子っぽい投稿であります。

家では今年、いちじくとブルーベリーが豊作でした。
そのためジャムを毎年作るのですが、
母より、ラベルをつくってくれ、と言われ、作ってみました。
まずは完成品。


思ったより素っ気ない気もしますが、
なかなかいいんじゃない?


以下、ラベルの制作過程に続きます。



①完成イメージを想像しながら、フォント&画像選び。

▼フォント
今回候補に挙がったのは、以上4つ。(VLPゴシックは結局使いませんでした)
ジャムラベルということで、ぱっと見たとき解りやすいように、
果物の画像を大きめに使う予定でしたから、文字はハッキリした感じでなくてもOK。
イメージだけで言えば、FrancFranc風を目指してみたかったので(笑)、
今回は教科書体とAR DECODEをメインに使ってみました。

▼画像
今回の画像(いちじくとブルーベリー)は、個人利用のため、WEBから探してきました。
いくつかの候補の中から選んだ2つの画像……後で気づいたのですが、
どちらも同じデザイナーさんが描いたものでした!やっぱりね!
すごくいい雰囲気のイラストで、2つ並べても違和感なくてすっごく良かったです。

HPを拝見しましたら、利用についての公開範囲等については特に記載がございませんでしたので、今回の投稿になりましたが、リンクを張るのは控えさせて頂きます。
また、本内容に支障がございましたら、ご指摘頂ければと存じます。


②大きさを決めたら、色々つくってみる。

赤枠…最初につくった案。個人的には、黒&灰色のラベルはかなりイイと思ったのですが、
今回のジャムは、すでにかなり黒っぽい色をしているため、不適切と判断。

青枠…イラストをもっと大きく配してみた案。なんかアオハタジャムっぽくて、安っぽいので却下。

緑枠…赤枠案がちょっと簡単すぎたのと、黒の引き締まった感じを活かしてみたくて、帯状にしたらどうかと作ってみた案。なんか微妙。正に蛇足という感じなので却下。


③結局最初に作った案で、調整する。

2012年に作りました、的な表記を右わきにちょこっとのせて、大きさや並びを調整して完成。


④印刷→カット→ザイロンでシール化

トンボに沿ってカットし、ザイロンでスルスルっとシール化しました。
ザイロンは、友達に教えてもらいました、とっても便利なグッズであります!




⑤改めて、完成!


昼間に写真をとると、きれいにとれるね!
天然のライトは、タダだし明るいし、まったくいい事づくしだぜ。




■■■■■↓クリック頂ければ幸いです!■■■■■

人気ブログランキングへ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

0 件のコメント:

コメントを投稿